結婚式場の下見する時の注意点

結婚式場の下見で広さを確認

結婚式場の下見で広さを確認 結婚式場の下見は、良い結婚式を迎えるための非常に重要なポイントです。
プランナーと相談会を行うこともできますので、そこで結婚式に関する価格やその内容についても計算してもらえます。
一般的に、下見で確認するポイントとしては式場までのアクセスや広さなどです。
結婚式場では、多くの人が来場することになりますので、ゲストが快適にきちんとやって来られるかどうか、あるいはスペースがあるかというのは最重要のポイントになります。
仮に、ゲストの中に高齢者が何人も含まれている場合には、バリアフリーの環境が整っているかなども確認しておくことが重要です。
また、自動車で行ってくる人を想定して駐車スペースも存在するのかも大切です。
確かに、結婚式では演出や披露宴なども重要になりますが、そもそも多くの人がやってくることを想定してシミュレーションをしなくてはいません。
結婚式場を確認する場合は、本人たちだけの希望や要望だけに沿ったものではなくゲストを快適に迎えられるゆとりをもったスペースがポイントになります。

結婚式場を下見するならキャパシティを確認しよう

結婚式場を下見するならキャパシティを確認しよう 結婚式場を下見するのであれば、招待する人数に対してキャパシティどれくらいなのかを確認することが大切です。
実際に結婚式場を見てみて、招待客全員が入っても窮屈にならないような広さがあるかどうか確認することがポイントになります。
テーブルの間隔が狭いと、招待客が窮屈な気分になってしまう恐れがあります。
反対にあまり招待客を呼ばない場合も注意が必要です。
あまりにも広い式場で人数が少ないと、寂しい雰囲気になってしまうからです。
立食パーティーであれば、招待した人が疲れた時に座れるように椅子を用意しなければなりません。
その椅子を置くスペースがちゃんとあるか確認することも大切です。
結構式場が提示する収容人数はその会場に入る最大の人数なので、その収納人数の7~8割程度が丁度良い人数であるといえます。
招待客に対して少し余裕があるような広さの結婚式場を選ぶようにしましょう。
また控室や着替えのスペースなどが十分にあるかどうかもチェックポイントの一つです。

新着情報

◎2021/4/15

結婚式場の賢い探し方
の情報を更新しました。

◎2020/12/7

結婚式場の探し方
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

下見をしてからプランを作成
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

招待客の満足度をあげるには
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 確認」
に関連するツイート
Twitter

相手の連れ去り背景を調べる際、意外と身近にヒントがある。①結婚式の名簿、年賀はがきで交友関係を把握、②通院履歴(健保で通院歴を確認)、③ネット購入物品・郵送先、④置き忘れたカレンダーや手帳、⑤車のレコーダーカメラ、⑥近所の私物防犯カメラ、⑦厚労省職業情報サイト(潜在的経済能力)等

番外編② Amior Bistro Cafe

結婚式のアルバムのデータ来て確認してたんだけど新婦の手紙の時ポケットのハンカチを取ろうとしてたところを写真取られてて、新婦の手紙中にポケットに手を突っ込んでるみたいなカットになってる

🍨が結婚した時期っていつ頃なんだろ。TGで指輪してたか確認出来てないけど🍨の結婚式で号泣してる🌪が居たらめちゃくちゃ可愛いな

旦那は今日友達の結婚式で地元帰ったが、当初は結婚式だけで帰ってくるよ!って言ってたのに実家に呼ばれたから行ってくるからの二次会も行ってくるっていってやっと帰ってくる。男はいいよね、確認も取らず色々行けて🙄早く帰ってミルクあげようとか思わんのか。