結婚式場の下見する時の注意点

結婚式場の下見で広さを確認

結婚式場の下見で広さを確認 結婚式場の下見は、良い結婚式を迎えるための非常に重要なポイントです。
プランナーと相談会を行うこともできますので、そこで結婚式に関する価格やその内容についても計算してもらえます。
一般的に、下見で確認するポイントとしては式場までのアクセスや広さなどです。
結婚式場では、多くの人が来場することになりますので、ゲストが快適にきちんとやって来られるかどうか、あるいはスペースがあるかというのは最重要のポイントになります。
仮に、ゲストの中に高齢者が何人も含まれている場合には、バリアフリーの環境が整っているかなども確認しておくことが重要です。
また、自動車で行ってくる人を想定して駐車スペースも存在するのかも大切です。
確かに、結婚式では演出や披露宴なども重要になりますが、そもそも多くの人がやってくることを想定してシミュレーションをしなくてはいません。
結婚式場を確認する場合は、本人たちだけの希望や要望だけに沿ったものではなくゲストを快適に迎えられるゆとりをもったスペースがポイントになります。

結婚式場を下見するならキャパシティを確認しよう

結婚式場を下見するならキャパシティを確認しよう 結婚式場を下見するのであれば、招待する人数に対してキャパシティどれくらいなのかを確認することが大切です。
実際に結婚式場を見てみて、招待客全員が入っても窮屈にならないような広さがあるかどうか確認することがポイントになります。
テーブルの間隔が狭いと、招待客が窮屈な気分になってしまう恐れがあります。
反対にあまり招待客を呼ばない場合も注意が必要です。
あまりにも広い式場で人数が少ないと、寂しい雰囲気になってしまうからです。
立食パーティーであれば、招待した人が疲れた時に座れるように椅子を用意しなければなりません。
その椅子を置くスペースがちゃんとあるか確認することも大切です。
結構式場が提示する収容人数はその会場に入る最大の人数なので、その収納人数の7~8割程度が丁度良い人数であるといえます。
招待客に対して少し余裕があるような広さの結婚式場を選ぶようにしましょう。
また控室や着替えのスペースなどが十分にあるかどうかもチェックポイントの一つです。

新着情報

◎2021/4/15

結婚式場の賢い探し方
の情報を更新しました。

◎2020/12/7

結婚式場の探し方
の情報を更新しました。

◎2020/8/5

下見をしてからプランを作成
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

招待客の満足度をあげるには
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚式 確認」
に関連するツイート
Twitter

従兄弟の結婚式の受付で新婦側がざわつく →確認すると新婦側のゲストの殆どが手ぶらで御祝儀を持たずに参加していた →新郎「無銭飲食はやめて下さい。食った分は払ってください」

従兄弟の結婚式の受付で新婦側がざわつく →確認すると新婦側のゲストの殆どが手ぶらで御祝儀を持たずに参加していた →新郎「無銭飲食はやめて下さい。食った分は払ってください」

冠婚葬祭:原則参加を控える。やむを得ず参加が必要な場合は感染対策実施会場かを確認し、上司の許可を得て参加を検討すること。食事は控える。結婚式はできれば延期が望ましい。延期が難しい場合は親族のみでとする。 ※主に接種可能な年齢に達していて3回または4回接種した者。 流行の有無に(続)

結婚式(けっこんしき、英語: wedding[注 1])とは、婚姻を成立させるため、もしくは確認するための儀式である。片仮名でウェディング、ウエディングと表記することもある。 結婚式の習慣は古くから世界各地に見られる。地域や民族により様々な様式があり、宗教的なものやそうでないものもあるが、ど

またまた次男の結婚式の事 旦那のモーニングは一式借りれると聞いてたけど、確認してもらったら ベルトと靴は用意せなアカンて。 はあ?聞いてる話と全く違うやん💢 またリサイクルで探すか(,,Ծ‸Ծ,,)